日焼け止めサプリはいつ飲むのが効果がある?

天気が良いと気分も明るくなりますが、太陽の紫外線が強くなるので日焼けしやすくなるという欠点があります。紫外線で皮膚が焼けるとシミやソバカスができて肌が老化するといっただけでなく、何も対策せずに浴び続けると皮膚がんになるという危険性まであります。美容と健康のためにも紫外線対策は、しっかりとしておくことが重要となります。

 

有効な紫外線対策は

日焼けを防ぐ主な方法といえば、多くの人は紫外線よけ効果のあるクリームを使っています。しかしクリームには皮膚のために色々と成分が入っているので、肌質が普通の人よりもデリケートな人だと荒れてしまうので不向きです。クリームを塗って紫外線対策ができない人のための方法として、日焼け止め効果のあるサプリを飲むといったものがあります。

 

紫外線で皮膚が焼けることを防止する成分が配合されているので、飲むことで体の内側から紫外線よけを行うことができます。この方法で対策をするのなら、ただ飲むというのではなく飲み方に注意すると、より体への効果を上げられます。

 

飲み方の注意点としては、飲む時間帯に気を付けること、回数を分けて飲むこと、規定の量を守るようにすることとなります。これを実行することによって、紫外線抑制の効果を高めることができます。

 

日焼け止めサプリはいつ飲むと効果的?

商品のタイプによってはいつ飲むのが適しているか決まっていることがあるので、効き目が出やすい時間帯があり、それ以外の時に飲むと効き目が半減してしまうことがあります。朝に飲むことがすすめられているタイプなら朝に飲むようにし、外出前に飲むことがすすめられているタイプなら出かける前に飲むようにします。

 

飲むと吸収されて効果が出るまでに時間がかかりますので、お出かけ前に飲むタイプを使う時でも出かける予定の30分前には飲んでおくのが良いです。仕事で忙しいという人もいるでしょうが、なるべく時間は守るようにしましょう。

 

日焼け止めサプリは飲むと効果が1日持つタイプ、6時間前後で効き目が切れてしまうタイプがあります。

 

 

効き目が途中で切れてしまうタイプのものを飲む際には、回数を分けて飲まなくては効果を保つことができません。いつでも飲めるように常備しておき、定期的に補充して摂り効果を持続させます。薬のケースなどに入れておくと、持ち運びがしやすくなります。

 

外にいても常にケースに入れてポケットに入れておけば、すぐに取りだせて飲むことができます。効き目が切れてしまうと日焼けしてしまうので、忘れずに飲むことを心がけることが大切です。

 

日焼け止めサプリの副作用は?

飲み方の中で最も守らなくてはならないのが、効果を求めてたくさん飲み過ぎないようにすることとなります。

 

薬ではないので体に負担がかからない作りとなっていますが、規定の量よりも多く体に摂ってしまうと副作用が出てしまう恐れがあります。重い副作用の症状だと、腎臓や肝臓の機能に問題が出るようになります。腎臓と肝臓は主要な臓器となるので、機能が低下すると体に深刻なダメージを受けるようになってしまいます。

 

そうならないためにも、必要量以上は決して飲まないようにしてください。多く飲んだからといって効果が高まることはなく、かえって体に負担をかけてしまいます。安全のためにも、推奨されている量を守って飲むようにします。

 

以上の3つのことが、飲み方の注意点となります。これらを試すことで効率良く有害な紫外線から、自分の身を守ることができます。よりプラスになる方法として、他の紫外線対策の方法と合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

 

着る服はUVカット機能の効果があるものにしたり、紫外線を避けてくれる傘をさすと良いです。より確実な日焼け止め効果を求めるなら、朝に飲むタイプのサプリがおすすめとなります。紫外線はその強さが増す時間帯があり、午前10時頃から昼の2時頃までが日差しが強くなるとされています。

 

この時間帯が肌への負担が大きくなるので、それに合わせて日焼けをしないようにするには朝に飲むタイプが適しています。起きて朝の内に服用することで、最も日差しが強くなる時間帯に合わせて対策できるので肌が日焼けしにくくなります。夜に飲むことを推奨されているタイプは、なるべく選ばない方が良いでしょう。

 

 

日焼けする時間帯は日中なので、そのタイミングに合わせて効果が発揮されるものが一番です。

 

紫外線を防止する体へのメリットとして大きなもので、活性酸素の抑制ができるところがあります。活性酸素は体にあると酸化をさせる有害な成分であり、体に様々な悪い症状を招く元になってしまいます。死に至る割合が高い癌から生活が制限されることもある生活習慣病が、活性酸素で体が酸化することによってかかりやすくなります。

 

紫外線は活性酸素を増やす要因の一つになるので、日焼け対策は体の酸化防止にもつながります。体内にあると怖い活性酸素を増やさないようにするためにも、紫外線で皮膚が焼けないようにしっかりと防止しましょう。

 

 

関連ページ

日焼け止めクリームは塗らない?サプリで日焼けを予防する!
日焼け止めサプリを飲んでいるからクリームは塗らなくても良いと考えている人も多いようですが、実際はどちらも併用している人が多いようです。飲んでおくだけでも効果は期待できますが、クリームと併用することでより効果を実感することができるようです。
日焼け止め防止飲むサプリで肌質を改善
高めのものではすでに浴びてしまった紫外線をシミシワに変えることを防止したり、出来てしまったシミシワを薄めることも出来ます。長く続ければ続けるほど、肌質の改善につなげられます。
日焼け止めの効果は何時間くらい?サプリの効き目は?
日焼け止めの効き目はおおよそ長い物でも3時間程度ですので、外出中に効き目が無くなてしまったりする可能性がありますし、100%紫外線を防ぐ事は不可能だからです。